口コミで人気の飲む日焼け止めホワイトヴェール!その効果は?

飲む日焼け止めホワイトヴェール!口コミでおススメのサプリその効果は?

飲む日焼け止めホワイトヴェール

登山にもオススメ飲む日焼け止め|ホワイトヴェール

投稿日:

山ガール必見!登山での日焼けは要注意!

登山で何よりも注意したいのは日焼けです。紫外線は高いところに行けばいくほど紫外線は強くなります。登山は汗もかくし塗る日焼け止めは汗で落ちるし、何度も塗りなおさないといけません。また長時間にわたって強い紫外線を浴び続けることになるのでしっかりとした対策をしておきましょう。紫外線に対する知識も最低限は知っておきましょう。

登山では紫外線を強く浴びる

標高が高くなると紫外線量はどうなるのでしょうか?
山では100m標高が高くなると気温は0.6℃下がりますが、紫外線量は100m標高が高くなると1%紫外線量は上がります。という事は1000m標高が高くなると10%高くなるのです。それだけではありません。紫外線は土や砂、草木からの反射もありますのでそれ以上の数値になるという事です。草地や土の紫外線反射率は約10%。1000m標高が上がれば約20%も平地に比べ紫外線量が増えるので、十分な紫外線対策が必要です。1000m級の山でもこの紫外線量が上がっていますので、それ以上2000m級や3000m級の山に登山する方は事前から準備・対策をしておくことが大切です。

紫外線で体力が消耗される

長い時間日差しの強い所にいるとなんだか疲れが普段よりひどいって言う事ありませんか?そこまで激しい運動もしてないないのに日光にさらされていると疲れる気がしてしまいます。
実は紫外線にさらされると、人体はダメージから身を守るために活性酸素を発生させるのです。この活性酸素が厄介者で外部からの紫外線や細菌に対して「抵抗力」を発揮しますが自分自身の細胞も傷つけてしまいます。自らの細胞を傷つけているという事は、肌にも影響してきます。紫外線を浴びることによって活性酸素の量は急激に上がってしまい、疲れを感じます。飲む日焼け止めはこの活性酸素の発生を抑制し、お肌の光老化を防止することができる紫外線対策のアイテムです。

活性酸素の発生を抑制する飲む日焼け止めサプリ ホワイトヴェール

登山で日焼けしやすいところ

登山で日焼けしやすい部分は、首回りを注意しましょう。首は血管やしわなどでむら焼けしやすい部分でもあるので、暑いと思いますがタオルやバンダナなどで上からの紫外線と照り返しの紫外線であご下にもに気を付けましょう。次についつい忘れがちな唇です。唇は塗る日焼け止めなどは塗ることができません。唇は皮膚が他の部分よりも薄く、メラニンも少ないので紫外線の影響を受けやすい部分なのです。唇には日焼け止め専用のリップクリームなどが有効です。唇が乾燥したり、ヒリヒリしたりしたら日焼けしている証拠です。最後に対策を怠ってしまうところが耳です。女性の方は髪の毛やつばが大き目な帽子でカバーできるのですが髪が短い男性は耳がむき出しになっていることも多いのです。なかなか日焼け止めクリームを塗ることを忘れてしまいがちなところの一つです。女性でもショートカットの方はむき出しになっていることもあるので、塗る日焼け止めでカバーできないと思う場合は、体の中から紫外線対策できる飲む日焼け止めサプリメントで事前から対策しておくことをおススメします。

飲む日焼け止めサプリ ホワイトヴェールはこちら

登山で日焼けしたら

日焼けして赤く炎症を起こしたら

とにかく冷やすことが大切です。夏の登山などで日焼けする部分は上記に書いているような首、唇、耳が日焼けしてしますことが多いと思いますが、どの部分も皮膚が薄いためそっと冷水で冷やしたタオルやコットンなどで刺激を与えないように冷やしましょう。
火照りが治まってきたら十分な保湿と水分補給をしましょう。

水膨れは破る方がいい?

ひどく焼けてやけどのような状態で水膨れが出来てしまった場合は、自ら破ることはしないでください。破ることで外部からの雑菌などからの感染を防ぐためにも自然に治るまで放っておいた方がいいでしょう。

どんな日焼け止めを選ぶべきか

紫外線は毎日降り注いでいるものですから日ごろから紫外線対策しておくことで紫外線に対する耐性を作っておくことをおススメします。日ごろから紫外線に対する耐性を付ける場合は、飲む日焼け止めサプリ ホワイトヴェールがおススメです。ニュートロックスサンを主成分にしたサプリメントで紫外線を防御&抑制してくれるサプリメントです。飲み続けることで紫外線の防御作用を何もしていない時に比べ60%もあがったという検証結果も出ています。もちろん、日焼け止めサプリメントだけよりも塗る日焼け止めを併用するのが一番の対策です。そんな時は手軽に持ち運びや取り出しやすいサイズでSPF30、PA++以上のウォータープルーフタイプの塗る日焼け止めを選ぶことをおススメします。

ビタミンCを取る様にしよう。

紫外線を受けることによって発生する活性酸素を除去する働きがあるビタミンⅭ。1日に摂取する量は1000㎎でその量はレモン10個分になります。とてもレモン10個食べれる人はいないでしょう。アロエ&グレープフルーツのようなドリンクをこまめに補給するのがいいでしょう。飲む日焼け止めホワイトヴェールはビタミンⅭも含んでいますので登山前に飲んでいくことおススメします。

冬登山はもっと日焼けに敏感になろう

冬は紫外線が少ない時期といって軽く考えるのは大間違いです。上記で紫外線反射率の事を書いていますが、雪山の紫外線反射率は恐ろしいくらいの反射率なんです。雪山の新雪の紫外線反射率は80%。この数字わかりますか?冬の紫外線は少ないといっても必ず紫外線は降り注いでいるものです。しかも空気が乾燥していて反射率も上がってしまうのです。通常の夏場の紫外線対策と同じくらいの対策をしておかないと後々後悔することになりますので必ず飲む日焼け止めと塗る日焼け止めで対策をしてください。

-飲む日焼け止めホワイトヴェール
-, , ,

Copyright© 飲む日焼け止めホワイトヴェール!口コミでおススメのサプリその効果は? , 2017 AllRights Reserved.