口コミで人気の飲む日焼け止めホワイトヴェール!その効果は?

飲む日焼け止めホワイトヴェール!口コミでおススメのサプリその効果は?

飲む日焼け止めホワイトヴェール

スキーの日焼け対策もホワイトヴェールがおすすめ

更新日:

Pexels / Pixabay

スキーやスノボーの日焼け止めも飲む日焼け止めホワイトヴェールがおススメ。
スキー場は、雪の反射で紫外線が倍増するところで紫外線対策は必須です。皆さん、スキー場がどのくらいの紫外線の反射率かご存知でしょうか?
ここでは冬の楽しみの一つのスキーやスノボーでの日焼け対策についてご紹介していきます。

“太陽に負けないサプリ” 飲む日焼け止め【WHITE VEIL〜ホワイトヴェール〜】
紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代へ
※2017年4月1日、成分UPリニューアル!!

スキー場(ゲレンデ)の紫外線はどのくらい反射してるの?

気象庁のデータによると地表面の反射率は、
草地・土では10%以下、水面では10~20%、アスファルトは10%、砂浜は10~25%、新雪は80%なんです。
このことから分かるようにスキー場(ゲレンデ)では、私たちは通常より2倍近い紫外線を浴びている事なんです。
この数字を見るとぞっとしますね。
ビーチと違い露出しているところは、ウェアなどで全身を覆うので少ないですが、顔は紫外線を浴びっぱなしですよね。
動いた後には首元も出る時があるので注意しておきたいものです。
スキーシーズンに入る前からスキー場での紫外線対策をしておきましょう。

スキー場の日焼け対策におススメのグッズ

顔部分はどうしてもスキー場では露出することが多いです。
首も出ることが多いので、寒さ対策と同時にネッグウォーマーなどを用意していくといいでしょう。
出来るだけ顔の半分くらいまで覆えるネッグウォーマーの方がおススメです。
ニット帽やゴーグルもしていれば露出は少なくなるので、紫外線対策は出来ます。
スキー場で日焼けの事を考えずに事前から『飲む日焼け止め ホワイトヴェール』で対策をしておくことももちろん大切ですよ。
カラダの中から紫外線対策をしておきましょう。特に頬や鼻は他の部分より高くなっているので、ウォータープルーフなどの日焼け止めクリームなどで十分な対策をしておいた方がいいでしょう。

①日ごろから『飲む日焼け止め ホワイトヴェール』で紫外線に負けない肌を作っておく

②ゲレンデに出る場合は、出る前に日焼け止めクリームを塗る、休憩後にも日焼け止めクリームを塗る

スキー場は目の紫外線対策も

スキーやスノボーで注意したいのが目の日焼けです。
晴れたゲレンデは気持ちがよいのでついつい顔を出したくなりますが、サングラス、ゴーグルをつけて、紫外線などの強い光から大切な目を守ってあげましょう。紫外線と言えば夏の海の方が強い印象ですが、冬の雪山の方がより注意した方がいいでしょう。

スキー場で日焼けした後のアフターケア

冬の空気は乾燥しているのでもちろんお肌も乾燥していて、肌本来のバリア機能も低下しているので紫外線の影響を受けやすくなります。スキー場は紫外線の反射率が大きい場所なので、しっかりと紫外線対策していても日焼けすることはあります。日焼けした後は必ずアフターケアする事を忘れずにしましょう。
鼻や頬が火照っているなーと感じたらまずは火照っている部分を水や氷、冷やしたタオルなどで冷やしましょう。
火照りが取れたら次に「保湿」をすることが大切です。日焼けした部分は水分が少ない状態になっているので保湿成分が入っている化粧水などをたっぷりとコットン等にしみこませてパックの様にして水分を与えてあげましょう。

アフターケアにもホワイトヴェールは大活躍します。
ホワイトヴェールは日焼けしてしまったすでに浴びてしまった紫外線による進行中の光老化を抑えとどめる効果があります。日ごろから飲む日焼け止めホワイトヴェールを飲んでおけば日焼けした後のお肌のケアも大丈夫です。

-飲む日焼け止めホワイトヴェール
-, , , ,

Copyright© 飲む日焼け止めホワイトヴェール!口コミでおススメのサプリその効果は? , 2017 AllRights Reserved.